So-net無料ブログ作成
検索選択

心のおそうじ-倍返しは割りに合いますか? [心のお掃除]

ダム湖に行きました。
秋の日差しの中、穏やかに水をたたえ広々としています。
下の写真は放流側で、かなり落差があります。

朝霧湖.jpg

朝霧湖のダムの下.jpg

ダム湖は、ダムによって河川がせき止められできる人造湖です。
堅固に見えるダムも、老朽化が進むと大きな地震で亀裂が生じることがあります。
そして、その小さなヒビが徐々に大きくなり、やがて決壊して大惨事につながることもあります。


怒りの気持ちに対処する

最近、「キレル」という言葉を耳にします。
小さな亀裂からダムが決壊するように、ささいな理由で怒りを爆発させます。
若者も年配の人も「キレ」やすいことに変わりません。

家庭や職場、お店の中、運転中の車や通りすがりの路上でも起きます。
ちょっとしたことを侮辱と感じ人の間違いに憤然とします。
感情をぶちまけることは当然の権利で、強さの現われと感じます。

「倍返し」をすれば、気分がスカッとしますか?
どう思われますか?
人ごとだと冷静ですが、自分のこととなると難しい...。

どうすれば、怒りの気持ちに対処できますか?
昔の書物はこう教えます。


『だれに対しても、悪に悪を返してはなりません。 すべての人の前に良いものを備えなさい。 できるなら、あなた方に関するかぎり、すべての人に対して平和を求めなさい。 わたしの愛するもの者たち、自分で復讐してはなりません。 むしろ神の憤りに道を譲りなさい。』


本当に実際的でしょうか?
ヤラレたらヤリ返すべきですか?
倍返しで間違いを認めさせますか?

これが書かれたのは2000年ほど前です。
今と違い、治安も悪く剣を帯びた人もいました。
復讐も認められた時代です。

そのような中で、この対処法が役立ちました。
ですから、これは最善の方法です。
ヤラレたらヤリ返す無差別テロとは大きな違いです。


怒りに任せ復讐すべきでないのは何故でしょう?
理由を3つ挙げましょう。


① わたしたちの公正の感覚は完全ではない。

自分の怒りは公正で正当だと思うかもしれません。
しかし、感情に曇らされ間違った判断や結論を下すことがあります。


② すべてを知っているわけではない。

言動の理由すべてを知りません。
体調が悪いとき、ぶっきらぼうで横柄な言い方をするものです。
挨拶をしなかったのは急ぐべき事情があったからでしょう。
育った国や環境によって反応は異なります。


③ 怒り立ったまま行動すると間違った結果になる。

カッとなって言い過ぎて「ごめんなさい!」と、謝るはめになるかもしれません。
知性でなく感情が支配すると、冷静な判断ができず結果が最初より悪くなります。


大きなダムも小さな亀裂から決壊します。
ささいなことでカッとなり行動すると、自分や他の人を傷つけるでしょう。
倍返しは割りに合わず悲惨な結果をもたらします。

怒りを制御し少しずつ放流するなら、ダム湖のように穏やかで広々とした日々を過ごせるでしょう。
完全な公正をもたらす方に、憤りの気持ちを委ねるのは知恵の道です。

今日はここまでにします。

(記事の転載、厳禁)






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。