So-net無料ブログ作成
検索選択

プロのおそうじマニュアル.その3 [家のお掃除]

今日も、秋晴れの日でしたね。あなたにとって、さわやかな一日となりましたか?

朝からお昼近くまで、いつも行なっているボランティア活動を楽しみました。ちょうど、その帰りに風にゆれているコスモス(秋桜)を撮影しましたので、下にアップしました。また、もう一枚は、庭で色づいたオリーブの実です。植木鉢に、今年も実がなりましたが、けなげでいとおしいですね。

20151014仲秋のコスモス 2015-10-14 17-53-47.jpg

20151014オリーブ3つ.jpg

このオリーブの木は、10年ほど前に香川県の小豆島にボランティア活動で行った時、おみやげ店で買った苗木です。あまり植え替えをしていないのに、毎年、必ず実をつけてくれます。
昔の書物には、こうあります。

『あなたの子らは、あなたの食卓の周りを囲むオリーブの木のようになる』

ある文献によると、オリーブの木は、幹の根元から絶えず新芽を出すという変わった性質があるそうです。それで、主要な幹が年老いて実を結ばなくなると、栽培者は何本かの新芽や若枝を成長させて、木の重要な一部になるようにします。そうすると、3,4本の若くて元気な幹が木を取り囲み、まるで食卓を囲む子どもたちのようになります。そして、その若枝は、同じ根から生えていて、それぞれが再び豊かにオリーブを実らせるようになるそうです。
オリーブの木のこの特徴は、親がしっかりとした強い根のような特質を持つならば、子どもたちもしっかりと成長して実を結ぶようになるという意味合いがあるようです。親の皆さん、がんばりましょう!!!

では、プロのおそうじマニュアル、その3をお知らせします。

プロのおそうじマニュアル その3


浴室のお掃除

1.器具類をはずして洗う。: 浴室の換気扇カバー、排水口、受け皿などを取り外し、ブラシを使って洗剤(強力アルカリ洗剤の溶液をスプレーする。)で洗浄し、入り口の外にまとめて置いておきます。(後で、浴室内のお掃除が終わって取り付けます。)また、シャンプーや風呂桶やその他の備品は、すべて外に出して、浴室内に何もないようにすると効率が上がります。

2.シャワーで、全体を濡らす。: 浴室内のカビの発生具合を確認して、浴室のドアーを閉めて全体をシャワーで濡らします。そうすることにより、汚れを柔らかくすると共に漂白剤の浸透を助けます。この場合、電灯器具のカバーははずさないでください。電灯カバーだけは最後に洗います。もし、点灯した裸電球に水をかけると爆発して危険です。

3.浴室内を漂白する。: 必ず、ゴム手袋をしてください。カビが発生しているならば、薄めた漂白剤(次亜塩素酸ナトリウムなど)をスプレーします。(マスクをすると、あるていど刺激臭を防げますが、空気が悪くなりますので、必ず換気しておいてください。)先に、壁の4面(一面づつ、ていねいに全面に噴霧してください。上から下です。)に噴霧し、ドアー、そして最後に天井と噴霧します。液だれがしますので、天井は最後です。また、パッキンなどにカビが出ている場合は、天井からの漂白剤の液だれがおさまるまで待って、カビの部分にジェル状の漂白剤を塗布しておきます。(カビの強さによって漂白時間が違いますので、浴室以外のところをお掃除して、しばらく時間を置いて作業を続けます。前日などに、シャワーホースやパッキンのカビに漂白剤ジェルを塗布しておけば、たいていのカビは取れます。)
浴室のカビの原因の多くは、天井に付着したカビ菌といわれていますので、天井を漂白するのは浴室をきれいにするポイントです。(しかし、鉄製の金属は酸を嫌いますので、漂白剤がかからないように注意してください。)

4.アルカリ性洗剤を噴霧しておく。: 浴槽、壁面の下部、蛇口付近、床やドアーには、湯アカが付いているので、あらかじめ洗剤を噴霧して時間を置き、汚れを柔らかくしておきます。(洗剤は、即座には化学反応しないので、効果が発揮するまで時間が必要です。その間、別のところをお掃除してください。)

5.浴室内を洗剤で洗う。: まず、壁の部分だけ漂白剤をシャワーで流します。すると、かなり見違えるようにきれいになっています。この時に、電灯のカバーをはずして洗い、拭きあげ取り付けます。それから、ドアーの内と外にも洗剤を噴霧して、両面を洗います。(洗車用ブラシを使うと、細かなところも洗えます。ドアーの周りも忘れないようにしてください。)ドアーの下には、たいてい通風の部分があり埃がたまりやすいので、サッシブラシなどを使って洗います。ドアーの下のレール部分も、サッシブラシで洗ってきれいにします。
ドアーが洗い終わると、天井をウエスで拭きあげます。それから、壁の下や浴槽、蛇口回りにもう一度、洗剤を噴霧し、汚れの具合に応じてパッドやブラシで磨いてきれいにします。がんこな湯アカには、ステンレスタワシが効果的ですが、傷付くことがありますので注意が必要です。 蛇口のまわりは、傷が付かないように白パッドとチャンネルブラシを使ってきれいにします。このあたりで、浴室内の備品があるならば、ついでに洗って、外に出しておきます。そして、最後に床の部分に洗剤を噴霧して、パッドやブラシで洗います。汚れや素材に応じて、使用するパッドやブラシを使い分けてください。

6.最後に器具類を取り付け、水滴をウエスで拭き取ります。

これで、浴室のお掃除は終わりですが、サッシの窓がある場合には、ドアーを洗う前に、網戸も含めて窓をすべて取り外し、洗車ブラシを使って洗うことができます。壁や床を傷を付けないように注意して、ウエスを壁との間や床に敷いておくとよいでしょう。

今回は、浴室だけで終わりとなってしまいました。また、次回を楽しみになさってください。

肌寒くなったこのごろですが、きれいになった湯船にのんびりとつかり、どうぞゆったりとしたひと時をお過ごしください。~♪♪♪
(記事の転載、厳禁。)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。